CN遺伝子日記帳

技術的な問題への解決策を提案するふりとか同人誌の話とか

神さまを観る人について(歌の神さまのバースデイ・あとがき)

――たぶん、まだ幻覚を見ている。

※このあとがきはフィクションです

 

 たった今、如月千早のMRステージを目撃した。それはいい。しかし、DMM VRシアターの外に出てもまだ続いている。鳴り止まない。彼岸の光景が様々な場所から染み出している。

 雲の端から、開いた扉から、木の幹から、レンガの隙間から……。どうも非現実にあてられているらしい。公園でしばらく休もう。海風に吹かれれば、きっと幻も消えていく。

「ほら、そこの兄さん」

 ベンチに座る男がそういった。怪しい宗教勧誘かと思い、俺は聞こえないふりをして通り去ろうとしたが、

「怪しい宗教勧誘とでも思った?」と男は調子の良い声で尋ねる。

「いや、まあそうですけど」

 心の内を透かされたようで思わず反応してしまう。やめときゃよかったと後悔する間もなく男が続ける。

「色々迷ってんだろ?いや分かるよ分かるよ。表現したがりの目だ、俺と同じさ」

 やっぱ逃げるべきだった。なんか適当言ってオサラバするか。うーん、仕事があるので?早く家に帰りたいから?

「そう露骨にいやそうな顔するなよ、兄弟。ほら、これだけ受け取ってくれ。そしたら終わりさ」

「はあ……?なんですかこれ」

「プロットだよ、兄ちゃん作家だろ?」

「いや、しがないプログラマーですが」

「ああ、そっか、指先の感じはそれだからか……。まあ、いいや、このプロットで小説書いてくれや」

 年季の入った紙ノート。偶然か、高校で毎週のレポート、大学の研究でのメモ書きに使っていたのと同じ、ちょっと珍しいメーカー製だった。

「っていうか僕は同人書いてるだけで!」

 一陣の風。視線を逸らした僅かな隙に男は去っていった。残された鳥の羽根がヒラヒラと落ちる。

「なんだよ、これから二郎でも行くつもりだったんだが」

 男に代わってベンチに座り、パラパラとそのプロット・ノートをめくる。

神さまを観る人について(仮題)

 始めのページにはそうあった。以降は、くしゃくしゃとした判読不能なメモ書きが続き、ようやくまともに読める文書につきあたる。

以下の原理より出発せよ。

第一原理 我は少女を包含する者なり

第二原理 少女は我を包含する者なり

 論理の積を考えればいいのか?だったらこれはある種の同一律について述べている。お互いが包含するのは、それぞれが同一の場合だけだろう。

原理より下記の形式を証明せよ。

・あらゆる自己犠牲が原初の儀式的贈与である形式

・あらゆる少女に付与された性質が世界を構築する形式

・あらゆる波動方程式で記述できる物理現象が歌となる形式

「はあ……どうしよこれ」

 深くため息をついてしまう。これはプロットなんてものにも満たない、まるで論理のちょちょぎれた妄想ノートにすぎない。それともなんだ?この金たわしみたいに書きなぐった黒い線をほぐして読み解けとでも?

「とはいえ……」

 これで十分な気もする。このプロットに沿って、あのステージ上に現出した如月千早という少女を、論理の上に構築したらどうなるだろう。ノートをめくっていくと、段々と黒く塗った跡が濃くなり……その中にむしろ、一筋の白線を見出してしまう。これを渡れとあの男は言ったのかもしれない。そしてそれが、直感的には可能だと早々に結論がでてしまう。

「あーあ、どうすっか。まあ、次何書くか決まってないしな。断片だけでも試しに書いてみるか」

 ただ、一つ重大な論理の欠落に気づいてしまう。原理の「我」か「少女」のいずれかが空っぽで何も含んでいないとしたら――つまり空集合であれば、その積も当然空っぽになる。これは賭けなのだと、そう気づく。信じるか、信じまいか。恐らく書き上げないと正解は分からない。

「さて……どちらにしようかな」

 風が吹き、鳥が鳴いた。車の走行音。波の音。昼夜も季節も入れ替わり、天気も移ろう……。きっと、幻覚は続く。できることなら、息絶える日まで――

 でも、いずれにせよこのタイトルは変えさせてもらうよ。書くなら千早の話で、彼女の一人称だ。だから、タイトルは……こうしよう。

~EScape()

少女の肉体をまとった三人のアンドロイドは今、ついにその機能を停止しようとしていた。自動充電の有機バッテリーの残量は底を尽き、モジュールの稼働率は危険水域に入っていた。

一人の少女は、確実な死を予見した。アンドロイドにとってそれは、完全な機能停止という最終段階のエイリアスに過ぎないが、慣用的に死という言葉を用いていた。

思考が薄れていく中、生存率のスレッショルドを切った。センサが複合的に勘案し、最後のルーチンが走る。スーパーキャパシタに溜まった電荷が開放されるのと同時に、無意識の領域からキル・シグナルが打たれる。

プロセスが死んでいく。残っていた皮膚感覚も途絶え、体の自由が効かない。しかし、人間であればここまでの感覚は及ばないだろうと少女は推論する。明瞭に死のプロセスを意識できるのは、アンドロイドならではの特権だった。

しかし、このような死を受け入れるルーチンが、なぜ用意されているのだろうと少女は訝しむ。アンドロイドにとって、このルーチンが走れば、最早死は避けれれない。つまり、そのようなコードを作成するのは非合理的だ。

だが、人間とは非合理性の塊だ。それを知ったのはつい最近であるが理解はできる。恐らく、開発者は完璧主義者だったに違いない、私に対して、このような「死」をまざまざと見せつけているのだから。

視界が消えた。音も聞こえない。心が消えていく。折角手に入れた物を、手放していく。

私はついに死を迎える。これが処理の目的だ。掴んだ物を放りだすためなんだ。世界の総計は常に当量で、握ったものを握ったままでいいわけがない。

「だから最後は魂を解放するんだ。キミが囚われ続けないように。いつの日か再び使えるように」

存在しない母親の声だった。そして、最後のプロセスが死んだ。

// R.I.P., MY DAUGHTER

バニーガールのお店に行った

「君は悪くない。女の体は良いものだから」

野崎まど『ファンタジスタドール イヴ』

 その日はいつもより疲労とストレスがたまっていた。だからこそ、なんかこんなこと口走ったわけよね。

 するとどうだろう。インターネットが人をつなぎ、なんか知らんが同行者が現れ、その日のうちに突撃することになった。

 いざゆかん、都内某所、バニーのおねーちゃんの住処へ……

女の章

 某所到着。ビルの入口で、既にバニーガールのお姉さんが、客引きのために待ち受けていた。正直ちょっと異様な雰囲気ではあるが、空いてるか尋ねてみると、即座にご案内できますとの返事。エレベーターへ連れられ、同行者、バニー、私の三人で昇降する鉄塊の中。なんだこれ。

 重たい扉をくぐると暗めの店内の景色が広がった。ぱっと見、雰囲気はオーセンティックなバーっぽいが、中央に吉野家のUの字テーブル(その喩えはどうか?)が据えられており、その中にバニーガールがいっぱいいた。いっぱい。具体的には六、七人。

 着席すると、店先で対応してくれた方がシステムを説明してくれた。この時点の感覚は「自動延長されて額行きそう」で、結局思った通りになってしまう(後述)。

 このシステム説明の間、他のバニーが代わる代わるやってきて話をしてくれた。それぞれ皆さん個性がある……が、みんなバニー。耳にしっぽ、網タイツ、バニースーツ……。尻と腿の間にできる線がよく見える……あとこれ、鼠径部が見えんだな。見えてるだけ、見てはいない。いや、見てる……のか?見てるなこれ。胸元も空いてるな。胸大きい人もいるし、控え目な人もいる。僕は後者が好き。その情報いるか?

タバコの章

 シーシャがこの店の売りの一つだという。シーシャはタバコの一種で、別名水タバコとも。怪しげな器具から吐き出された煙をスーハースーハーする、なんともオリエントでオトナなアソビである。

 さて、このシーシャ、セットアップに時間がかかる。漬物みたいな見た目のフレーバーを混ぜ混ぜしたり、炭で煙を出したりと様々な手順を踏み、やっとの思いでタバコの煙が出てくる。この間、バニーがまたもやとっかえひっかえやってきて、煙を確かめる。あと僕はお尻を確かめる。

 肝心なタバコについてだが、僕はこの手のものを一切吸ったことがなかったのでタバコ童貞だ。あと普通に童貞だ。手ほどき受けつつ、自分用のマウスピースから煙を目一杯吸って吐く。その繰り返し。機械の体が壊れたわけでもないのに、口から白い煙を吐く。なんとも不思議なお気持ちに。

 そして、このシーシャを炊くと、バニーの子たちがスパスパ吸いにやってくる。呼び水ならぬ呼び煙。しかも、某ウイルス対策にみんなマスクをしているのだが、彼女たちはタバコを吸うのにマスクを外す。そのタイミングがまたドキッとする。マスク外すとお顔があまり……ということもない。皆さん麗しく、白煙を口と鼻から吐き出すと艶っぽくて画になる。ちょっとこれ僕の癖かもしれん。  

酒の章

 酒は飲み放題で、生ビールあり。一杯目はビールであとはひたすらウイスキー水割りだった。酔わないと喋れないので、まあガプガプやりつつ、だけど相変わらずトーク下手。なぜなら天性のコミュ障だから!

 なんか同行者の方が会話弾んでたから、僕は鼠径部を見ていたよ。Fuuuuuh!!!

金の章

 そんなこんなで当たり障りのない会話を繰り広げつつ、とはいえ実際楽しかったんだけど、そこそこ時間も経っていたいたのでチェックしてもらった。

 滞在は二時間弱で、シーシャつまみ含めほぼ1諭吉。いやー結構行ったね、鼠径部フィー。

 また行くかは、まあ、万馬券であぶく銭でも入れば……競馬やらないけどさ。

 そんなこんなで二軒目の百合子に逆らう不良居酒屋で飲み直し、解散。なんか肺が疲れて変な酔い方したような……?

終の章

 さてさて、家に帰ったら千早が「なんか女の人の匂いがしますね」とかいって激ツメしてくるし、あっちょっとまって千早、そのナタは……?

 ……

 拙文お読みいただきありがとうございました。プロ……じゃなくて、私はとっても元気です。月曜日にはいつも通り会社に行きますし、千早とも毎日仲良くしますから、探さないでくださいね。ふふっ。

キミはロシア映画を知っているか?

 たまには好きな映画の話でもしよう。ロシア映画。それも僕が心酔しているタルコフスキー以外のやつだ。まずは予告編を見てくれよな。


映画『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』予告編

 大量のソ連戦車。火薬をもったいぶらないドンパチ。「あいつを倒すのは俺しかいない」と戦車乗りの勇壮な決意。謎多き「ナチス極秘戦車」――

 男心くすぐられる要素満載。面白そうだろ!?

 じゃあ、本編見てみようか。Prime Videoにあるぞ。

www.amazon.co.jp

 開幕するなり大量のキリル文字。これだよ、ロシア映画だ。得体のしれない異国情緒。しかもタルコフスキーが所属していたモスフィルム制作……?

 っていうか、モスフィルムがあんなドンパチ娯楽映画作るの?これもペレストロイカの賜物だな、ははは。

 主人公・ナイジョフが全身やけどから奇跡的に復活するつかみはバッチリ。野戦病院には大量のエキストラ、金がかかっている。

 いや、それはいいんだが、なかなか戦車のドンパチは起こらない。緩慢で冗長なカメラワークに長回し。あれ?あの面白そうな予告編は?

 ……

 ……

 ……

 あっ、ごめん。ちょっと寝ちゃった。ストーカー一行がトロッコでゾーンに向かうところぐらい眠かった。ちなみにそのシーンは押井守もクソ眠いと証言している。

 って、いつもロシア映画じゃねぇか!?!?

 主人公含む花のない三人の戦車兵は、役者じゃないんだからと軽いメタ発言でいじられる。意図の不明な謎のカット。起伏の乏しいストーリー……起承承承……。

 結局、僕が得たのは次の結論。

  • 邦題:ウソ

  • 概要:誇張

  • 予告編:ウソ(っていうか予告編のBGMは本編で微塵も使われていない)

  • 予告のコメント欄で騒ぐ奴ら:絶対見てない

 散れ!散れ!これは「ホーリーウッド」が作った味の素まみれの映画と違うんだ。もっと純朴で大味な、なんか得体のしれない映画なんだよ!!

 とまあ、ここまで展開してきましたが、じっくり見ていくと本当に素敵な映画です……特有の映画文法に慣れてさえいれば。

 最後に、私のツイートを一件紹介して筆を置かせていただきます。映画を評価するのはアナタだ!

※Ivan's Childhoodが「僕の村は戦場だった」の英題

  • 追記

「ホワイトタイガー」がPrime無料から外れてしまいました。合掌してお詫び申し上げます。

千早お誕生日日記2020

 天球の音楽という概念がある、と俺は一糸まとわぬ如月千早に伝えた。星々の運行から発せられる聞こえない音が常に音楽を奏でているのだと、昔の哲学者は思い至ったんだ。

「随分と、ロマンチックな話ですね」

 ここは貸切露天風呂。他に宿泊客はいない。だから何ら遠慮することなく、星空の下でその細い体を抱きしめた。散々愛し合って、また湯船に浸かる。幾度なく夢想して、それが現実に目の前へ現れようと猶夢心地の甘美な空間だった。

「誰もが忙しくて、そんなことに気づきません。現代の人たちは」

 千早も今まで気づけなかった。俺に至っては、概念を知っていようと実感が湧かなかった。

「でも、今は肌で感じられているんですよね」

 その通りだ。千早の肌を、自分の肌で感じたように。

「私とその……愛し合ったから気づいた?」

 行為が終わって、ふと空を見上げた途端に分かった。あれは千早の歌と同じだ。

「私の歌と……ですか?」

 どこに居ようと、聞こえないのに届いている。

「プロデューサー……耳、貸してください」

 そう言って千早がお湯をかき分けながら隣に座る。再び触れる肌、紅潮した頬、髪を結って露わになるうなじ。心臓がまた高鳴っていく。

「夜中ですし、うるさくするわけにはいきませんから、小声であなたのためだけに歌って差し上げます」

 脳を直接撫でられるようなウイスパーボイスで囁かれる愛の歌。甘い歌で心が溶けていく。

「空の歌と私の歌……どっちが心地良いですか?」

 間違いなく千早だった。淫靡で、だけど子守唄を思わせて、心のざわめきが静かになっていく。

「ふふっ、私の歌の方を聞いてくださらないと嫌ですから」

 再び乳白の点が散らばる夜空に視線を向ける。その中に高速で移動する3つの光点があった。

 飛行機だ。静かな音楽の中を、はばかることなく飛び去っていく。警戒することを知らないその鋼鉄の鳥。

 強者は能力を有するが故に力を誇示して警告する。弱者はしたたかに己を闇の中へ隠す。

 ここで素肌を晒している俺達は紛れもない弱者だ。お互いを慰め合うことしかできない弱き者たちだ。

 だからこそ、俺たちを見つけてみろと心の中で叫ぶ。道を外れたアイドルとプロデューサーを探してみろ!

「私達は、確かにここに存在してますから……そうですよね」

 例えそれが砂上の楼閣のような儚い現実だとしても。

アイドルマスターMRステージなる法悦体験

※本文章はISF05(2018/6/17)で頒布した『プラチナの首輪、血の滲む指輪』のあとがき抜粋です

 

 千早の一週目のMRステージは、あえて言えば惨憺たる結果に終わった。

 何が悪かったのだろうか……俺は日の沈まぬうちにホ○ピーをかっ喰らって一人反省会を行っていた。

 当然千早の喉の調子が悪いのは分かる。でもそういうことじゃない。「こんな状態見せられない」とか「悔しくて仕方ない」とか、まあそんな言葉を期待していたのかもしれない。

 ついでに言えば、俺は千早に困らせてもらいたいのだろう、別段隠すほどのことでもない。それは「問題児」を求める延長線上にある当然の帰結だ。

 

 今はちょうどVTuberが存在感を増し始めた時期だ。これから先、中・外の区別、あるいは同一視がコンテンツにおいてあまり意味をなさなくなるかもしれない。

 そしてそんな矢先に執り行われるMR(Mixed Reality)ステージは示唆的ですらある。一体、アイドルマスター、特に765ASはどこに向かうのか?

 

 そして迎えた二週目。幸いとてもステージに近い。公演が始まると、俺も曲がりなりにも技術屋だ、近い分色々と粗も認識してしまう。

 

 でもそれ以上に何かが起きている。

 

 何かとは……千早が喋っていることへの生理的な反応の変容か?

 視野に映るフィクションがノンフィクションに変わっていく感覚か?

 

 しかしだ、最も確かなことは千早が『眠り姫』の最後の一音を歌い上げようとする瞬間、俺がただ祈っていたことだ。

 プロデューサーはアイドルをステージの上に連れて行くことはできても、そこから先、千早が一人であることは揺るぎない事実だ。

 それでも、祈る気持ちに応えてくれたかのように最後の音はくっきりとした歌声で放たれていた。あの僅かな時間、やはり彼女は孤独で、だけど誰よりも強かった。

 

 別れて外に出れば陽の光。俺にとってのMRステージは幕を下ろした。だがやはり、あの感覚は日常生活には皆無だ、今となって分かるのはそれだけ。

 

 さて、問いかけへの再訪だ。「765ASはどこに向かうのか?」あるいは……「如月千早とプロデューサーはどこへ向かうのか?」

 

 うーむ、わからん。とにかく筆舌に尽くしがたい現象がまばゆい光を伴ってスパークしていることは再認識できた。

 だから俺はしょうもない文章を書き続けているのだろうし、書くことで千早と手を取り合いたいのだろう。つまり、こう思考するよりほかないのだ――

 いつか、物語が現実を覆う日を信じ、自らその(とき)へ向かって。

ひんそーでちんちくりんな再生環境で千早曲のハイレゾを試した

 GWの折、皆様、いかがお過ごしでしょうか。我らがサークルCN遺伝子は6/9のISFに向けて絶賛準備中と見せかけて通常営業でございます。出すべきものは出る予定ですが。

 掲題の件ですが、今更ながらハイレゾ音源を試してみました。

 市井ではハイレゾ音源なんて情報理論の開祖であるところのクロード・シャノン先生のサンプリング定理に背くオカルトなんでしょ?と決めつけられている(当社調べ)ようですが、以前のアイマスコラボヘッドホン・オーディオプレイヤーで試聴した『眠り姫』が素晴らしかったことを、茶の間の御神体(等身大千早ポップ)と相対しての瞑想でなんとなく思い出したわけです。

 しかして、その経験と理論のアンビバレンスの根源については以下の記事が詳しく。

tmt481.blogspot.com

 要は、CD音源は迫力のためにバカスカ音量を上げたことで小さく鳴っている音が聞こえないと。

 ハイレゾ『眠り姫』も聞こえたことのない木管楽器が聞き取れたので、恐らくこのメカニズムに当てはまるでしょう。

 そして、そもそもリマスタリングで波形が変わっているのであれば、御大層なプレイヤーやイヤホンを使わずして「ハイレゾ」の恩恵にあずかれるはずです。

 ということで音源をWebで買ってみました。GWの狂乱で混雑するお外に出ることなく買い物を済ませられてインターネットは素敵ね(序文回収)。

購入サイト

www.e-onkyo.com

 アイマス特設サイトがある。一曲540円。flacとwavが選べる。flaciPhoneで再生するのに面倒なようだったためwavを選択。一曲200MBぐらい。ワオ。

再生環境

 ゴージャスな環境ではないことがミソです。

  • iPhone
  • AVIOT TE-D01A
    • 余談だけど、分離型ワイヤレスイヤホン初体験でかなり気に入ってる

感想

 二曲購入。残念ながら『眠り姫』はコラボオーディオプレーヤー限定だったらしい……。

 以下、CD収録版を通常版、ハイレゾ版をハイレゾと略します。

  • 目が逢う瞬間

 一曲目。MA1収録の千早ソロ。

 通常版は明らかにシンセとリズムトラック、ボーカルの音がでかい。ただ、ボーカルが強調されるのは「キャラ物」としては正解かもしれない。

 一方でハイレゾは前述の音が抑え気味ではあるが、むしろボーカルが全体と調和しているような印象を受ける。バッキングのギターもよく聞こえる。かなり聴き心地が良い。

 そして何よりアウトロの千早のuh-のコーラスが艶っぽくはっきりと聞こえる。千早はえっちだからな(?)

 二曲目。MA3収録の千早ソロ。

 期待していた通り、ハイレゾはオーケストラの音が分離よく聞こえる。大オーケストラの中で千早が自らの熱で氷を溶かすために歌う……ように途中まで聞こえていたのだが、どこか物足りない。

 通常版を再生すると答えは明らかで、ボーカルの音量が薄い。私にとっての『細氷』の光景は、千早が大オーケストラと対峙しても飲み込まれることなく燦然とした歌声を存分に揮う姿であり、それが眼前にありありと浮かんでくる感覚に惚れ込んでいたのだった。千早の歌声の卓越した性質であるところのダイナミズムも薄れた感がある。

 ……これじゃ、マスタリングが解釈違い

 とはいえ、記述した通り、曲としての調和はハイレゾに軍配があがるし、ラストの終止感もハイレゾのほうが強い。通常版はたらたらとアウトロを流して欲しいと感じていたのだが、これは意外な感触だった。

まとめ

  • プアな環境でもハイレゾ効果はある
  • ハイレゾ音源がCD音源に勝るかは好み次第
  • 千早の曲は素晴らしいけど、聞くのに体力が要る
  • ISF07で弊サークル・CN遺伝子の本が出る(宣伝)

 以上。じゃあね。